MENU

鹿児島市宇宿2丁目28-19
TEL 099-253-0889
FAX 099-253-0899
営業時間 9:00~19:00
日祝休

【定休日】 日曜・祝祭日
【営業時間】 9:00~19:00

平日忙しく営業時間内に持ち込み出来ない方はお気軽にご相談下さい。事前に予定がわかれば朝7:00~夜24:00まで対応します。日曜・祝日なども、まずは御相談下さい。

店長のひとりごと店長村岡が綴る日々雑感

2006年・村岡家の運動会報告 2006/10/4

秋だーーー!
今年もやってきました、息子の運動会!今年は、長男タケゾーが小学生になった為、2つの運動会となった。

まずは保育園。

一番下の美咲は、まだ1才なので活躍する場がない。
次男シュウゾーはノーベル賞を取るために生まれてきた子なので、もともと運動には期待してない。それが去年のかけっこで1番になってしまったので、今年はついつい期待がかかる。運動会の練習ではいつも2番ぐらいと言っていたので、もう少し頑張れば1番になれると思い、シュウゾーには暗示をかけた。「シュウゾーはさあ~、本当は足速いんだよ。もっと本気で走ればきっと1番になれるよ・・・」と、いろいろ。
これで一番になってくれると思っていた。(今までがそうだったから)・・・が、スタートの位置(インコース)、スタートのラインが斜めになりすぎ。(わかるかなぁ~)

少し悪い予感。
そして、スタートの合図が鳴った。予想通りスタートでもたつき、そのままゴール。
なんとビリッ!
うわぁ~なんてこった、一番は一番でもビリかい!
しかし、私は見ていた。シュウゾーがスタートの悪さにめげず、内側から必死に前に出ようと頑張っている姿。目が真剣だった。あと一歩、あと一歩、前に出れれば・・・。
きついカーブに入るまでに前に出れないと、短い距離では、もうどうしようもなかった。だが、あの真剣な目を見れただけでも充分。次につながる。来年は特訓か?

シュウゾーもまだ3歳なので出番少なし。
そして、私はというと、出ました。
最後の組別対抗リレー。それも今回はアンカー

去年から痛めているひざの事もあるので、いつもに増して自信がない。実は、少しでも不安を解消しようと、1ヶ月前にみんなには内緒で、軽くダッシュの練習をしたところ、すぐにひざにきてしまい、練習もあえなく2回でストップしてしまった。

こんなんでやれるのか? しかし言い訳などしたくない。子供も見てるし・・・。
競技が始まり、前の選手が熱い走りを見せている。そして、アンカーの私にバトンが渡った。この時点で5位(ビリから2番)、なんとしてもビリッケツだけは避けねばと思いっきり足を上げる。すると第1コーナーを回り、直線に入ろうとした所で、なんと3番手の選手がこけちゃいました。(よくあるよね~。)
4番手の選手もこけた選手をよけようとタイムロス(外側に大回りしていた)。私はインからスーッと、一気に抜け出て3番手になった。そして、そのままゴール。なんと2人抜き。小さいコースでのアンカーの2人抜きなどめったにできない(誰かがこけないかぎり・・・)。
理由はどうあれ、2人抜いて3位で締めくくったのだ・・・・。

時は変わって10月1日(日)。さあー、期待のタケゾーの番。
小学校の運動会だ。保育園では早かったが、小学校で通用するかが今回の焦点だ。
注目する競技は、1年生のかけっこ。そして1年全員リレー。
まずは、かけっこ。さすがに小学生、1年生だけで14組(レース)あり、1組で7人前後の競争となる。保育園とは数が違う。タケゾーの番が待たれる。待って待ってついにタケゾーのレースが始まった。
スタートの合図が鳴り、みんなスタートがいい。良すぎる。そこに1人だけ遅れたのがいた、それがタケゾーだ。いきなりビリッ!
タケゾーの前には6人の選手が行く手をはばみ、前に行くすき間もない。一瞬私たちの目からもタケゾーが消えた。しかし次の瞬間、一人だけ外側へ大きくコースを変えた。姿が見えた。うぉ~タケゾーだ!本当にアウトコースいっぱいいっぱい使って、必死の形相で追いかけていた。

アウトから一気に抜く、抜く。始めの直線で3人ごぼう抜き。コーナーに入り更に1人抜き、最後の直線であと2人。しかし、すでに差が開きすぎていた。一年生の距離は短い。
結局3位。ちょっと残念な結果となった。せめて、せめてあと1キロあれば・・・?
でもスタートで遅れ、瞬時に外側へコースを変えた判断は、見事だった。しかしシュウゾーといい、今年はなぜかスタートでつまづく結果となった。来年はスタートの強化が課題だ。

だが、まだ1年全員リレーがある。この競技は、1クラス2チームに分かれ、全部で6チームで競うもので、タケゾーはピンクチームだ。タケゾーの出番は後ろから3番手?ぐらいだったか。競技はスタートした。始めのうちピンクチームは4~6番手を行ったりきたりしていた。中盤ぐらいから徐々に順番を上げて、後半ついに1番になった。でも、まだそんなに差がない。そしてタケゾーの番となった。今度はリレーなのでスタートの失敗はない。スムーズにバトンも渡り、タケゾーが走る。おお~!速いぞタケゾー。2番手以降の選手をぐんぐん離す、離す。ここで、一気に差が広がりそのままピンクチーム1番でゴール。
タケゾーもチームに貢献できた。タケゾーやるじゃないか。
今年の運動会、タケ、シュウともに思う様な結果は残せなかったものの、それなりに収穫もあり、楽しめた。やっぱりスポーツはいい!
しかし、スポーツの秋と言うが、鹿児島の秋はまだまだ暑いですね。

/// 追伸 ////

昨日、菜ノ花マラソンの申込用紙が届いた。もうそんな時期か、はえ~。
そう言えば、トレーニングジムにも、もう3ヶ月も行ってないぜ・・・。

« 最新号に戻る