MENU

快適室内洗車スペース!純水工房がOPEN!

鹿児島市宇宿2丁目28-19
TEL 099-253-0889
FAX 099-253-0899
営業時間 9:00~19:00
日祝休

【定休日】 日曜・祝祭日
【営業時間】 9:00~19:00

平日忙しく営業時間内に持ち込み出来ない方はお気軽にご相談下さい。事前に予定がわかれば朝7:00~夜24:00まで対応します。日曜・祝日なども、まずは御相談下さい。

快適室内洗車スペース!純水工房がOPEN!New!

純水工房外観

タフコート店長:村岡進

純水工房はでも簡単にプロ並みの仕上がりを体感できる洗車場です。

いい洗車が出来る環境。設備が整っており、キレイな洗車が出来る道具もそろっています。洗車用品一つ一つをとっても、それぞれに意味のある効果的な用品を揃えています。ここで洗車をすれば洗車に関する色々な悩みも解消されるはず。
当店でコーティングされた皆さんの車がそれからも長くキレイを維持し続けられますように…との想いから出来た純水工房です。是非一度ご自分で簡単にキレイになる純水洗車の素晴らしさを味わってほしいものです。

【純水工房使用の流れ】

  1. 予約をします。
    » ウェブ予約はこちら⇒クービック予約システムから予約する
    » 電話予約はこちら⇒ 099-253-0889
  2. 予約時刻になりましたら、入庫してください。
  3. タフコートのスタッフに入庫した旨をお伝えください。
  4. 洗車してください(予約の時間内で)。
  5. 洗車が終了(予約の時間が経過)しましたら、タフコートにてご精算ください。

1.贅沢な純水洗車+シャンプーのいらないディレカ使用!

この純水というのは、逆浸透膜装置で水の不純物をほとんど取り除いてできるもので、こだわりの飲食店で使ったり電子部品の洗浄に使ったりする、大変貴重なものなのです。

純水なら極端な話、そのまま乾いてもシミにはなりません。

更にディレカという光電子付与装置も付けてありますので、水の性質を変え、洗浄力の高い水となります。

2.エアコン付!屋内で気兼ねなくマイペースで洗車!

そして、完全室内で洗える贅沢さ。降灰、太陽の光、風雨に関係なく洗えます。
これもいいです。
完全時間性、1時間1000円のスペース使用料をお支払いただくシステムですが、逆にこの時間はあなただけのスペース。
どこかの洗車場みたいに、他の待っている人を気にせず、あわてずに使ってもらって結構です。

*当店でのコーティング利用者

1時間まで1000円、以降30分毎500円

*一般の方

40分まで1000円、以降20分毎500円

3.洗い方自由、洗車用品完備!

汚れの多い時は、まず高圧洗浄機で汚れを落とし、その後ホースとスポンジを使って、丁寧に洗いましょう。拭き取り用クロスも2種類準備しています。
さらに、水を飛ばす、ブロワも準備しています。
細部の隅々に溜まった水も吹き飛ばし、きれいに仕上げてください。
もちろん掃除機もあります。
室内の汚れも気になりながら、そのままにしている事って多いですよね。
ここできれいにしましょう。
その他、脚立・長ぐつまであります。

 

【洗車にこだわって】

以前の「洗車工房」オープン時にも書かせていただきましたが、今回の「純水工房」オープンにあたっても書かせていただきたいのです…洗車のうんちくを…。

コーティングの仕事を始めて27年になり、昔に比べて車をきれいにする技術もレベルアップし、コーティング材の性能も格段に良くなっています。本当に車が汚れにくいコーティング、本当にメンテナンスの楽なコーティングも増えています。でも…

超すごいコーティングをしても、その後の手入れっていうのは、どうしても必要なんですよね。ここ鹿児島では特に!

その手入れの中でも、いい状態を保つためにもっとも大事なこと、それはやはり“洗車”なんです。ですから、その洗車をする環境や洗車の仕方はとても大事なのです。

ところで、洗車をする時に皆さんが、まず気をつける事は“傷が入らないように”ではないでしょうか?

ここ鹿児島では近年桜島の火山活動の活発化に伴い、降灰に悩まされていますからね~。その火山灰の成分は硫黄やケイ素などで、車の塗装にとって全く良くないです。特に室外なんかで洗車すると、灰が舞って塗装面に灰がこすりつけられて傷が入り放題です。

ただ、もちろんそれも大事ですが、同じくらい大事なことは…
水分を途中で乾かさないこと、乾く前に汚れをきれいに落とし、乾く前にスパッと拭き上げることです。

これはとても大事なのですが、実はとても難しいのです。気づかないうちにどこかが乾いていたり、きれいに拭き取ったつもりでも少し水分を残していたり、ということが結構あるんですね。拭き取れずそのまま残っていた水分は水ジミとなってしまいます。一回一回では目立たないのでわかりませんし、屋外では目立たないのですが、回数を重ねるごとに目立ってきます。室内で蛍光灯や専用のライトで照らすと良くわかります。

昔の車に比べて塗装は格段に良くなってきてはいますが、それでも表面はデリケートで、水道水の中に含まれるミネラル分(カルシウム、マグネシウム他)と、くっ付きやすいことはあまり変わりありません。

特に鹿児島は他県に比べてミネラル分が豊富で、硬度分の高い水となっています。本土の6割は標高60~200mのシラス台地なので、水質特性として特にミネラルの成分であるシリカ (SiO₂)を多く含むことが確認されていて、水ジミになるのをこのシリカ成分が助長してしまうようです。

ですから、普通の水道水で洗う時には、このようなことに気をつける必要があり、洗う順序なども工夫が必要です。

また、一般的に洗車する環境は、ほぼ“外”ではないでしょうか?そのため直射日光が当たったり、灰やほこりが舞い上がったりと、より良い洗車をするための、洗車を取り巻く環境は数年前に比べても、あまり整ってきているようには思えません。

このようなことを考えてみても、当社の今回バージョンアップした「純水工房」は付加価値の高い洗車スペースとなっています。

一番の目玉は、ディレカ付純水システムです。水道水での洗車とはぜんぜん違います!
イオン水とか○○水とか比較になりません。純水は逆浸透膜装置で水の不純物をほとんど取り除いてできるもので、こだわりの飲食店で使ったり電子部品の洗浄に使ったりする、大変貴重なものなのです。その純水で洗車すれば極端な話、そのまま乾いてもシミになることはありません。

また、日光や外気をさえぎる室内でできること、洗車に必要なものはある程度揃っていることなど…この上ない贅沢な洗車場となっています。

皆様にもその良さを、初めての方は是非体感していただきたいと思いますし、今までご利用されていた方は引き続いてご利用いただき、バージョンアップされた空間をお楽しみいただきたいと思います。

汚れた状態を長期間放置されるよりは、スタンド等での洗車機でされるのも、それはそれで良いですが、これを機会に、愛車のためにより良い洗車にこだわってみられるのも良いのではないでしょうか?

当店自慢の「純水工房」をぜひご堪能ください!

鹿児島はいい洗車をするには難しい。そこで私がとったある行動とは?

コーティングの仕事を始めて28年目になります。
延べ1万台以上の車を磨いています。おそらく個人で磨いた台数では、県下でも1番だと思っています。最近では以前に比べて機材の進歩やコンパウンドの改良などで、よりきれいに磨くことが可能になりました。そして塗装を守るためのコーティング剤もよりよいものが開発され、ガラスコーティングが主流になり、塗装を保護する能力も高く、長期的に維持するものも増えてきました。

でも、いくら良いコーティングをしたからと言って、
なにもしなくていいというものではありません。やはりその後のメンテナンスとして、洗車は必要です。本人の管理状況によって水あかや小傷がついたり、耐久性も変わってきます。特に鹿児島では降灰の影響を受けやすいので洗車のタイミング、洗車の仕方がとても大事になってきます。洗車の良し悪しがきれいを維持する為の大きなポイントになってきます。

鹿児島は灰だけでなく、水の性質も
他県に比べてカルシウム、マグネシウムなどのミネラル分が豊富で、その分無機質成分が多く、洗車の途中でそのまま乾いたり拭き残しがあると水ジミが出来て、次の洗車では取れなくなります。風の強い日には灰が舞ってボディに傷をつけてしまう。たかが洗車ですが、この鹿児島ではいろいろと気を付けないといい洗車なんてできません。洗車のリスクが多いのです。コーティングされた方には、その後の手入れの仕方をできるだけわかりやすくアドバイスしているつもりです。

車の保管状況、車の色、手入れできる時間、自分でどこまで
手をかけられるか、それぞれその方に合った手入れの方法、洗車のパターン、雨の日の有効利用、洗車機の利用法など…。でも、でも、やっぱり鹿児島はいい洗車をするには難しいです。そしていろいろ考えた挙句、じゃ~その環境を作っちゃおう!…と思ったのです。

雨の日でも、灰の日でも、風の強い日、寒い日、暑すぎる日、
どんな時でも自分の時間の取れる時に、洗車が出来る屋内洗車場、そして水が乾いても水ジミにならない逆浸透膜を通してできる純水の利用。誰が洗ってもプロ並みの仕上がりが約束された洗車場、きれいを維持したい方には最適な空間であると思います。

コーティングしただけでは足りない、きれいを維持する為に
大事なもの、その答えがこの環境の整った洗車場です。車のきれいを提供し、アドバイスする立場としての使命感でちょっと贅沢なもの作っちゃいました。

是非多くの人に使っていただき、笑顔が広がることを期待します。