MENU

鹿児島市宇宿2丁目28-19
TEL 099-253-0889
FAX 099-253-0899
営業時間 9:00~19:00
日祝休

【定休日】 日曜・祝祭日
【営業時間】 9:00~19:00

平日忙しく営業時間内に持ち込み出来ない方はお気軽にご相談下さい。事前に予定がわかれば朝7:00~夜24:00まで対応します。日曜・祝日なども、まずは御相談下さい。

店長のひとりごと店長村岡が綴る日々雑感

村岡スペシャル2006/12/1

私、実は料理が苦手である。
みそ汁も作ったことないし、作れない。
苦手というよりできないのである。
料理ができそうにない芸能人で、第2位選ばれたこともあるくらいだ。

ただ、そんな私でも、1つだけ作れる物が“お好み焼き"である。
作るといっても、妻が食材を切ってダシを準備して、それを調理するだけなのだが……。
まあ、作れると言うより焼くことができると言った方がいいのかも。
家での夕食がお好み焼きの日は、もろもろの準備を妻がして、それを私が焼いてみんなに食べさせている。
特別焼くのがうまいわけでもないが、これだけは任せられると言うことで、妻が楽する為にさせている様なものだ。
お好み焼きはおいしい。私も大好きだ。

先日テレビで、若手芸人が選ぶベスト3のお店という事で東京のお好み焼き屋を紹介する番組があった。
見ると、同じお好み焼き屋でも、随分と趣向を凝らし変わった(?)でも、とてもおいしそうなお好み焼きが紹介されていく。
とってもふわふわ感のあるものや、え、こんな物を混ぜるの!とびっくりする様な食材を使ったものまで。どれも本当においしそうだった。あのゲストの人や芸人たちのうまそうな顔といったらなかった。

お好み焼きも、確実に進化している。さすが東京。なんでもアリやな。
私も食べてー!と思いつつ東京だしなー。とあきらめる。

でもやっぱり食べたい。
食べに行けないなら自分で作るさ。
そうだ。テレビで見たものをヒントに、自分なりに工夫して(東京のものと)同じ味は出せないにしても、自分のオリジナルの村岡スペシャルを作ってやる。なんて思ってみた。

料理が苦手で、お好み焼きしか焼けない私だが、その唯一のお好み焼きを極めてみたい!そしていつか村岡スペシャルをみんなに食べてもらうんだ。
よーし、燃えてきたぞー。タフ男メラメラ ι(` ∋´ι)
よーし、いつか、うん、生きているうちには完成させよう。
いつになることやらわかりませんが、村岡スペシャル完成の際は、是非みなさん招待したいと思います。気長にお待ち下さい。うーん、でもなんか楽しそう。

店長村岡

« 最新号に戻る